« サバンナの風に聴く(2) 祖先の血 | トップページ | ケニアの大干ばつ »

2009年10月18日 (日)

コケモモ

今日は動物の話題からちょっと離れて…。

紅葉が始まっているということで、今朝早くに家を出発して、
富士五湖方面に行ってきました。

河口湖周辺の紅葉は始まったばかり、という感じでしたが、
富士スバルラインを上がっていくと、もう既に2合目付近まで
紅葉が下りてきていました。

富士五湖周辺も、間もなく紅葉が美しい季節になるでしょう。

R0010663
【五合目付近からの眺め】五合目手前の「お中道」から

河口湖インターに着いたのが朝6時半。
その頃は、ちょっと霧がかかったような状況でしたが、
富士スバルラインに入って標高を稼ぐと霧も晴れ…

先日初冠雪したばかりで、薄っすら雪化粧した富士山も
きれいに見ることができました。

R0010682
【富士山頂を仰ぐ】五合目手前の「お中道」から

五合目手前に、「お中道」という、ちょっと歩ける道が
あるので、歩いてみました。
気温は4度ほどで、それほど低くはなかったのですが、
今日は風が強く、身を切るような寒さに…

久々に「指先の感覚が無くなる」という体験をしました。

さて、お中道をえっちら、おっちら登っていったら、
こんなものを見つけました。

R0010675

これはコケモモです。
高さは数センチ。実は1センチにも満たない大きさ。
ハイマツの木の下に、ひっそりとたたずんでいました。

「コケモモ」という名前ですが、立派な「常緑樹」です。
そう、「木」なんですね。それも常緑樹とはオドロキです。

富士山五合目付近とはいえ、高山地帯であることには
変わりなく、冬は冷たい強風が吹きつける厳寒の地。

そんな過酷な環境の中で、葉をつけたまま厳しい冬を
じっと耐え、来年の初夏には白い可憐な花を咲かせ、
秋にはこうして、また実をつけていきます。

こんなにちっぽけなコケモモのどこに、そんな生命力が
あるというのだろう。しかし、コケモモにとってみれば、
種(しゅ)を残していくための必然のサイクルを、淡々と
繰りしているに過ぎない…

とても深遠な力強さを感じます。



そんなことを思いながら、しゃがみ込んでコケモモを
しばらく眺めていたら、お腹が空いてきました。

山梨といえば「ほうとう」が有名ですが、富士山周辺は
「うどん」が有名。その名も「吉田のうどん」です。
※「吉田」は地名です。富士吉田市周辺の「うどん」で、
 「吉田さんのうどん」という意味ではありません。

事前調査の結果、今回はこのうどん屋さんに決定!
(今回は、といっても、実は今回が「初うどん」でしたが…)

R0010696
【手打ちうどん 藤よし】

このお店、富士吉田市の隣の河口湖町にあるのですが、
「大きな天ぷらが別皿で出て来る」という情報をキャッチ。
立ち食い蕎麦でも「天ぷらソバ」しか食べない私としては、
その情報を見逃すワケにはいきません。

なかなかお店が見つからず、ちょっとウロウロしましたが、
開店時刻の11時ちょっと前に何とか到着。
開店と同時にお店に入って、早速「肉天うどん」を注文
すると、「はいよ~」と、スグに出てきました。

じゃーん!!

R0010688
【肉天うどん 500円也】

パリパリの桜エビの大きなかき揚げが、ドーンと出ました。
この「別皿」がポイントです。

かき揚げをバリバリと割りながら、うどんに少しずつ入れて
食べると…かき揚げのサクサクとした食感と、吉田うどん
特有のモチモチ感、そして醤油と味噌の「いいとこ取り」を
した汁との三重奏がいつまでも続きます。

うーん、美味しかった。
これからは、富士五湖エリアに来たら「ほうとう」ではなく、
「うどん」を食べることにしようっと。

R0010693
【ごちそうさま~】おなかいっぱいになりました

さて、明日は私の誕生日です。
だからどう、ということはないのですけれど、年に1度の
「生誕記念日」ですから、やはり嬉しいものです。

|

« サバンナの風に聴く(2) 祖先の血 | トップページ | ケニアの大干ばつ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

食べ終わったお皿、きれいすぎるから!
そうそう。確かにお蕎麦は天ぷらと一緒に食べてましたね。
あれもおいしかった。
お皿はやっぱりこんな感じになってましたね。
また一緒に綺麗なお皿を作りたいです。

投稿: なびろび | 2009年11月 3日 (火) 20時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/547433/46519276

この記事へのトラックバック一覧です: コケモモ:

« サバンナの風に聴く(2) 祖先の血 | トップページ | ケニアの大干ばつ »