« おかあさんのぽけっと ~オオカンガルー | トップページ | カピバラが行く(4) ~最終章 埼玉県こども動物自然公園編 »

2010年1月17日 (日)

サリーとタレック ~第3話 Save the Leopard Baby!!

「サリーとタレック」第3話…前回の「第1話」「第2話」からずいぶんと
時間が経ってしまいました。

さて、前回の第2話では、生後間もないと思われるヒョウの子供が
私が滞在していたマサイマラ国立保護区のキャンプサイトに迷い込み、
子供の母親が現れるのを待つために、敢えてひと晩子供を放置した…

という話を書きました。

そして、私自身も子供が気になって眠れぬ夜を過ごし、ようやく明け方に
ウトウトとしたと思ったら…サファリドライバーのジェームスの大声が聞こえ、
「何ごとか!?」と飛び起きたのでした。

Rimg0263
私の良きパートナー、サファリドライバーのジェームス


【第3話 Save the Leopard Baby!!】

あわててテントから飛び出すと、ヒョウの子供が落ちていた穴の所で
ジェームスが両手を振り上げ、大声を出しています。

何が起こっているのかわからず、その様子を呆然と見ていた私の所へ
ジェームスが駆け寄ってきて、

「だいぴんさん、大変!バブーンがヒョウの子供を見つけちゃった!」

と興奮して報告してくれました。

「え?バブーン? …そりゃヤバイ!!」

一瞬、何が起こっているのかわからなかった私も、「バブーン」という名を
聞いた瞬間に、ヒョウの子供が危険な状況にあることがわかりました。

バブーンは、マントヒヒのこと。
マントヒヒにはいろいろな種類がいますが、ケニアでよく見かけるのは
「オリーブ ヒヒ」と呼ばれるマントヒヒです。

J_34
【オリーブ ヒヒ】(ケニア・アンボセリ国立公園)
身長80センチ近くになる、中型のサルです。

サルというと、木の実や葉など植物性のものを食べる印象ですが、
このバブーンは雑食性で、動物の肉なども食べています。

ヒョウやチーターなどが獲った獲物を横取りすることもあり、
私も実際に、バブーンが獲物を横取りしているシーンを目撃したことが
あります。そんなバブーンにヒョウの子供が見つかったら…

間違いなく、捻り殺されて食べられてしまいます。
これは間違いなく、そのヒョウの子供にとって重大な危機です。

とっさに「これ以上、母親を待ってはいられない。すぐに助けたい!」と
考えましたが、いっぽうで私には大きな迷いがありました。

それは、「果たして野生動物を助けて良いものなのか?」ということです。

野生動物の場合、子供が親とはぐれてしまい、他の動物に捕食されて
しまっても、それがその子の運命であり、捕食する側の動物にしても、
自然のルールに従って捕食しているだけのこと。

つまり…

ここでヒョウの子供を助け出すということは、この「自然のルール」に
反することをするコトにならないか?という迷いが私にはありました。

とりあえず、バブーンがこれ以上近寄らないように、キャンプサイトの
アスカリ(夜警のこと:キャンプサイトでは、野生動物が来ないように
夜通し見張りをしてくれるマサイ族の人がいます)に見張りを頼んで、
私は現地のスタッフたちと「助けるべきかどうか」を相談をしました。

その結果、
 ヒョウは、その数が大幅に減っている動物である。
 ゴミ捨て場に落ちていること自体が『自然の環境』とは言えない。
 バブーンも人間が出すゴミを目当てに来ており、これも『自然』とは言えない
 (つまり、ヒョウの子供を食べなくても、そのバブーンは飢えない)

…ということで、ヒョウの子供を救出することに決定しました。

何よりも、現地スタッフの人たちから、
 だいぴんさんの迷いはよくわかるけれど、手を伸ばして助けられる命が
 そこにあるならば、助けるというのは「人として」当然の判断だよ。

と、言ってもらえたことが、最終的に私の「助けよう!」という判断を決定
づけるものになりました。

「よし、助けよう、その子供を」

そう決断した瞬間から、このヒョウの子供は「野生動物」ではなくなります。
その子供の運命を変える以上は、責任ある行動をしなければなりません。

しかし、私たちにはその子供を保護し、育てることはできません。
スタッフたちとさらにどうするか相談したところ、「ナイロビに、親とはぐれた
野生動物の子供を保護し育てる、国立の『動物孤児院』がある」と聞き、
この子を保護してそこに預かってもえらおう、ということになりました。

ヒョウの子供を、ナイロビの動物孤児院へ!

私たちは、引き続きアスカリ(夜警さん)へヒョウの子供を見張るように頼み、
最寄のレインジャー(公園管理官)詰所に向かい、「ヒョウの子供がいる」と
いうことと「ナイロビの動物孤児院に移送したい」という旨を報告しました。

しかし、レインジャーからは
 その子供の救出と保護は、レインジャーに任せてほしい
と言われてしまいました。せっかく救出しようとしていた私たちは「えっ!?」と
思いましたが…理由を聞くと「野生動物を捕獲することは、禁止されている。
あなた達が救出すると、あなた達に迷惑がかかるかもしれない」とのこと。

言われてみればその通りです。
ここはレインジャーに任せて、私たちは予定通りサファリに出ることにしました。

サファリの途中で、無線で「無事に保護」の連絡を受け、私たちはひと安心。
サファリからの帰りにレインジャーの詰所へ立ち寄ったところ、小さな箱の中に
ヒョウの子供が保護されていました。

P9120089
マサイマラ・タレックゲートのレインジャー詰所にて…
床に置かれたダンボールの中に、ヒョウの子供がいます。
後ろには、哺乳瓶に入ったミルクが…
レインジャーがヒョウの子供に与えようとしたようです。


これでまずは、ひと安心!
あとは、この子が無事にナイロビ動物孤児院へ届けられれば…

しかし、物事はそうは簡単に進展しないのでした。

保護はされたものの、ヒョウの子供は全然ミルクを飲まず、衰弱する
ばかり。ナイロビ孤児院への移送も、なかなか進展しません。
「このままでは、この子は助からない!」

この後、ヒョウの子供を助けるべく、さまざまな人たちの協力で
「命のリレー」が始まるのでした!

(さらにつづく…)

|

« おかあさんのぽけっと ~オオカンガルー | トップページ | カピバラが行く(4) ~最終章 埼玉県こども動物自然公園編 »

サリーとタレック」カテゴリの記事

コメント


ででででで、この続きは、どーなったですか?

投稿: solabou | 2011年12月29日 (木) 08時02分

初めまして、とべでサリーちゃんとクロとアトを見て動物園巡りに目覚めた者です。ネコ科、特にヒョウの人工哺育について調べておりましたらこちらに辿り着きました。
大変興味深く、そして動物に関わる方々の優しさや厳しさなどをしみじみと噛み締めながら読ませていただいております。
是非続きもお待ちしております。

投稿: purple | 2012年3月 5日 (月) 13時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/547433/47320012

この記事へのトラックバック一覧です: サリーとタレック ~第3話 Save the Leopard Baby!!:

« おかあさんのぽけっと ~オオカンガルー | トップページ | カピバラが行く(4) ~最終章 埼玉県こども動物自然公園編 »