« オオカミって、悪者なの? | トップページ | コウモリのさか立ち »

2010年3月18日 (木)

いつも一緒だね(3) クロサイのサニー

サイはゾウやカバと並ぶ大型動物として、お馴染みの動物ですが、
野生のサイは非常に数が少なく、絶滅が危惧されています。

数が少なくなった理由は、言うまでもなく立派な角を目的とした乱獲で、
野生のサイが分布しているアフリカ、東南アジアでは現在でも密猟が
絶えないそうです。

現在、地球上には5種類のサイがおり、アフリカにいるのはシロサイと
クロサイの2種。クロサイはサバンナのBIG FIVEのひとつに挙げられて
います…ということは、クロサイはかつては「ハンティング対象の大物」
とされていたワケで、現在はその数も非常に少なく、アフリカ全域でも
3000頭程度しかいない、と言われています。

ケニアへ10回以上行っている私も、クロサイには数回しか出会った
ことがなく、サファリでクロサイを発見したときは大喜び、いや、大興奮
してしまいます。

世界の動物園で、種を絶やさぬようにクロサイの繁殖が試みられており、
日本でもいくつかの動物園でクロサイが飼育されています。

そんな動物園のひとつ、茨城県の日立市かみね動物園で、2009年の
3月にクロサイの赤ちゃんが生まれ、公開されているとう情報を聞きいて、
さっそく5月に会いに行ってきました。

20090504kamine_d31_0797
クロサイのサニーで~す

クロサイの子供はメスで、名前はサニー。
その名に相応しく、元気いっぱいにパドックを跳びまわっていました。

20090504kamine_d31_0889
ランランラ~ン♪

時おり、お母さんのマキから離れてピョンピョンと跳びまわりますが、
やはり大好きなお母さんと一緒が良いようで…

20090504kamine_d31_0806
かあちゃ~ん、どこいくの?

ちょっと離れても、スグにお母さんのところに戻り、どこに行くにも
お母さんのあとをついていきます。

お母さんが木の葉を食べようとすると…

20090504kamine_d30_7509
かあちゃん、コレ、何なの~?

…と、一緒に食べる真似をしてみたり。

お母さんがひと休みしようとすると…、

20090504kamine_d30_7555
かあちゃん、わたしも一緒に休むぅ~

…と、お母さんの横で休んでみたり。

そしてまたお母さんが動き始めると…

20090504kamine_d31_0882
かあちゃん、どこ行くの~?

…と、また後ろをついてきたり。

とにかく、お母さんが大好きで、お母さんと同じことをしたがります。

お母さんもそんなサニーに、愛情たっぷりに接してあげていて…

20090504kamine_d30_7501
かあちゃんに付いてまわって、疲れたよ…

…と、へたり込んでしまったサニーちゃんを、

20090504kamine_d30_7502
あらら、サニー、そんな所で寝たらダメよ~

…と、サニーを角でやさしく押し上げて、

20090504kamine_d30_7503
さあさあ、行きましょ

と、サニーに動くようにうながしてみたり。

お母さんも、いつもサニーを気に掛けていて、サニーが離れていくと
何気なく近くに寄り添っていきます。

20090504kamine_d31_0908_2
まったくサニーは、おてんばなんだから…。

そんなおてんばサニーも、やっぱりお母さんのお乳が大好きです。

20090504kamine_d31_0919
どんどん、大きくなりなさいねー

このサニーも、今はもう1歳になります。
きっと、ずいぶんと大きくなっていることでしょう。

かみね動物園のサイのパドックには、桜の木が植えられています。
桜が咲く頃に、また会いに行ってみようと思います。

20090504kamine_d30_7628
いつも一緒だね!


Black Rhino

|

« オオカミって、悪者なの? | トップページ | コウモリのさか立ち »

いつも一緒だね」カテゴリの記事

コメント

きゃ~~。可愛いですね。サニーちゃん。
子供のサイを改めてじっくり写真で見るのは、初めてです。
正面からサニーちゃんを見るとお耳がラッパみたいな形で
お母さんのものより目立ちますね。へたった時のお尻もかわいい。
かたや、お母さんは恐竜そのものではないですか?
トリケラトプス?(結構恐竜詳しいんですよ)が進化やめちゃって、サバンナに取り残されてしまった感じ?

ぞうさんやキリンの親子の写真はよく見ますが、サイの親子の方の愛情溢れるシーンは新鮮でグッときました。

投稿: ブランカ | 2010年3月20日 (土) 18時37分

ブランカさん

いつもコメントありがとうございます!
ブランカさんは恐竜ファンなのですね。

確かにクロサイはトリケラトプスみたいですねぇ。
トリケラトプスの子供も、サニーちゃんみたいだったのかもしれません。

ちなみに…

サイの祖先の化石は、日本でも見つかっているんですよ。
数百万年前は、日本の草原をサイの祖先が歩いていたんですね。

私自身も、これまで多くの動物の親子を見てきましたが、
サニーちゃん母子は特に仲が良いように思います。

サニーちゃんがお母さんとまったく「相似形」というのが、
またカワイイんですよね…

投稿: だいぴん | 2010年3月21日 (日) 00時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/547433/47839625

この記事へのトラックバック一覧です: いつも一緒だね(3) クロサイのサニー:

« オオカミって、悪者なの? | トップページ | コウモリのさか立ち »