« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

2010年4月25日 (日)

赤道を越えよう!

ケニアを旅行していると、野生動物との出会い以外に、意外で貴重な
体験をすることができます。

それは…北半球と南半球を「またぐ」ことができることです。
「なにを唐突に、そんなスケールの大きな話を?」
「何かオチがあるんじゃないの?」
と思われるでしょう。

いや、ホントにそんなことができちゃうんです。

ケニアは赤道直下の国。国土の真ん中を、赤道が通過しています。
赤道の北側が北半球、南側が南半球なのですから、つまりケニアは
北半球と南半球にまたがった国、ということになります。

ケニアの首都ナイロビから、サンブール国立保護区やメルー国立公園へ
向かう途中、ナニュキ(Nanyuki)という町で赤道を通過します。

ナイロビは南半球側、サンブール国立保護区は北半球側にあるためです。

Equator_2
ここが赤道!という看板です。

この看板があるところが、まさに赤道。
看板の真下で両足を北と南に広げて立てば…そう!北半球と南半球を
「またにかける」ことができちゃうのです!!

スケールの大きな話も、実はとっても小さな「ひとまだぎ」。
でも、南北両半球をまたいでいるということには、違いありません。

さて、せっかく北半球と南半球をひとまたぎにするならば…
ここでついでに、地球の自転も体験してみましょう!!

D30_8559
地球の自転?またまた、そんなスケールの大きなことを…
by エランド(南半球側のマサイマラ国立保護区)

またまた唐突ですが、台風の渦の向きが、北半球と南半球とでは
逆になっている…ということをご存知ですか?
台風の渦は北半球では反時計回り、南半球では時計回りに巻きます。

また、海流も北半球と南半球とでは逆方向に向かっています。
太平洋や大西洋など海流は、赤道を境にして流れが逆になっていて、
これもまた北半球では反時計回り、南半球では時計回りに海流が
循環しています。

なぜ、そうなるのか…それは地球の自転に由来する「コリオリの力」
というものが関係しているからです。この「コリオリの力」については
詳しく説明しようとすると、物理学のかなり難しい話になりますので、
ご興味がある方は「自習」していただくこととして…

ここではとりあえず、地球の自転に由来する「コリオリの力」という力が
地球上の大気や海水に影響し、台風の渦の巻き方や、海流の向きが
北半球と南半球では逆になる、ということだけを理解してください。

D30_1177
うーん、なんだか話が難しくなってきた…
by ベイサオリックス(北半球側のサンブール国立保護区)

確かに難しい話になってきました。

「コリオリの力」が北半球と南半球では逆の方向に作用する…
ということであれば、この赤道直下でも何かそれを実感することが
できたら面白いですよね。

それが、できるのです!

ナイロビからサンブール国立保護区方面へ向かう途中に通過する
赤道直下の町ナニュキでは、この「コリオリの力」を見せてくれます。

「どうやって?」「まさか台風を呼ぶの?」と思われますよね。

実は、こんな簡単な装置を使うのです。

R0011509_2
こんな簡単なもので、コリオリの力を見ることができる!?

この装置は、底に小さな穴を開けた洗面器に水を張り、そこに
水の動きが確認できるように、小さな木片を浮かべたものです。
底の穴から水が落ちていくときにできるはずの「渦の向き」を、
木片が回転する方向で確認してみよう!ということなのです。

もし、この装置で「コリオリの力」を確認できるのであれば…

赤道の看板を挟んだ北側、つまり北半球側で実験してみたら、
木片は反時計回りに回るハズです。

Left_turn_2
北半球側では、木片は半時計回りに回転するはず…

そして、看板を挟んだ南側、つまり南半球側で実験してみたら、
木片は時計回りに回るハズです。

Right_turn
そして南半球側では、木片は時計回りに回転するはず…

さて、どうなるのか!?

さっそく実験してみましょう。まずは北半球側に行ってみます。
下の写真にある、赤道の看板の位置に注意して見てくださいね。

R0011513
まずは北半球側で実験!

木片を浮かべた洗面器の底の穴から水がチョロチョロと流れると、
木片はちゃんと反時計回りに回転をはじめました。

つまり、水の渦が反時計回りに巻いているということ。
北半球側での台風や海流の渦の回転方向と同じです。

まぁ、これだけだと「ふーん、そうなんだ」という程度ですが…

続いて、南半球側に行って実験をしてもらいました。
さて、どうなることか!?

R0011507
続いて南半球側で実験!

北半球側で実験した時と、看板の位置が違うのに注目ください。
ちゃんと南半球側で実験をしています。すると…

なんと!木片は時計回りに回転をはじめました。
つまり、水の渦が時計回りに巻いているということで、先ほどの
北半球側とは逆になっているではありませんか!

台風や海流と同じく、北半球と南半球では渦の方向が逆になる。
まさに「地球の自転を体感」です。おそるべし、コリオリの力。

さらに、実験は続きます。

では、赤道直下、つまり看板の真下でこの実験をしたら!?

R0011514
赤道直下でもやってみました。

すると…どうなったと思いますか?

実は、木片は「動かない」のです。
つまり、洗面器の底の穴から水が流れるときに、水は渦を巻いて
いない、ということになるのです。

うーん、スゴイ。こんなことが体感できるとは!!

ちなみに、これまでツアーでお連れした何人かの方から、
「赤道だから、てっきり赤い線があるのかと思った」というお話を
聞いたことがあります。赤い道で「赤道」ですから、そう思われるのも
無理はない(?)のですが…。

赤道に来ても、赤い線はもちろんのこと、線も点もありません。

世界地図を見てみると、赤道はそのほとんどが海の上を通っていて、
赤道が陸上を通過している国は、わずか11ヶ国しかありません。
つまり「赤道越え」は、そんなに体験できることではないのです。

ケニアはそんな体験ができる、数少ない国のひとつです。

ケニアへ行って、赤道を越えるチャンスがあるときは、ぜひとも
「赤道越え」を楽しんでみてください。

Dsc_1224
赤道体験、してみましょう!

…と、ここまで書いておきながら、オチをひとつ。

実は、台風や海流に影響している「コリオリの力」というものは、
この程度の小規模な実験では実証することができません。
同様の実験で実証しようとすると、直径が1千メートル規模の
巨大なプールで、風や傾斜などの影響が全くないようにしながら
実験をしないと、実証できないのだそうです。

よく、「北半球と南半球では、お風呂の栓を抜いたときにできる
水の渦の向きが逆になる」と言われていますが、これも実際には
「コリオリの力」とは関係がなく、栓やお風呂の形、栓の抜き方
などに影響されるようです。

赤道直下の町ナニュキで見せてくれた「実験」は、なんらかの
トリックがあるようです。でも、めったにできない赤道越えを
楽しむイベントとして、トリックがあることを承知で体験するのも、
悪くはありません。「理屈的には合っている」のですから!!

ちなみにこの実験を見学すると、自分の名前入りと日付が入った
赤道通過証明書をもらうことができます。もちろん、有料ですが…
赤道越えは滅多にできる体験ではないので、ぜひもらって(買って)
おきたいものです。

ただ、私は赤道を体感する「別の経験」をしたことがあります。
秋分の日が近い9月中旬のお昼頃、この赤道を訪れたときに、
地面にできる自分の影を見てみると…自分の真下に影ができて
いたのです。これこそ正真正銘、赤道直下ならではの体験です。

※上に載せた写真は、8月下旬のお昼頃に撮影したもの。
 8月下旬でも、影がほとんど真下に写っているのがわかります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月22日 (木)

サファリへ行こう(2) ロッジ宿泊編

「サファリへ行こう」の前編では、サファリの様子をご紹介しましたが、
「ケニアへ行っているんですよ」とお話をすると、よく質問されるのは
サファリそのものの様子よりも「どんな所に泊まるのですか?」という
ことの方が、実は多かったりします。

アフリカのサバンナを旅行する…でも、いったいどこに泊まるの?
不便なことはないの?トイレは?シャワーは?食事は?

旅行でもっとも大切なことは泊まる場所ですから、心配はごもっとも。

というワケで、今回の「サファリへ行こう」は「どんな所に泊まるの?」
というご質問にお答えします。

Ke07110017_33
いったい、このサバンナのどこに泊まるの? byトピ
(マサイマラ国立保護区) 

私がサファリへ行くときの宿泊には、2つのパターンがあります。

ひとつは「キャンプ」です。そう、サバンナにテントを張るのです!
大地にテントを張って、星空の下で食事をする、サバンナの上に寝る…
これぞキャンプの醍醐味で、キャンプサファリは私のお気に入りです。

「え~っ!?そんなコトをして大丈夫なの?ライオンとかは来ないの?」
という声が聞こえてきそうですが…その詳細は「宿泊編Part2」でご紹介
することにして、今回はもうひとつの宿泊パターンである「ロッジ」の
ご紹介をすることにしましょう。

R0010359
一般的なサファリでは、ロッジに宿泊します。
(SERENA Lodge サンブール国立保護区)

「ロッジ」というと、私たち日本人は「山小屋」のようなものを想像
しますが、サバンナでのロッジは、コテージスタイルのホテルです。
もともとは、サバンナでハンティング(狩猟)が行われていた頃に、
ハンターたちが宿泊する小屋を「ロッジ」と呼んでいたようで、
サバンナでの宿泊施設を「ホテル」と呼ばずに「ロッジ」と呼ぶのは
その名残のようです。

R0010360
ロッジはコテージスタイルのホテルです。
(SERENA Lodge サンブール国立保護区)

ロッジは木立ちの中や、小高い丘の上に建てられていることが多く、
サバンナの中というよりはリゾート地の中、という雰囲気です。
もっとも、最も多い旅行者であるヨーロッパの人々にとっては、
ケニアやタンザニアは「リゾート地」のようなものですが…

R0012438
サバンナの真ん中にいることを忘れさせてしまような雰囲気です。
(MARA SOPA Lodge マサイマラ国立保護区)

ロッジはコテージスタイルの個室とセンターハウスから成っていて、
センターハウスにはレセプション、レストラン、バーラウンジ、
お土産屋さんなどがあります。

R0012441
ロッジのセンターハウスにあるラウンジ。夜はバーになります。
(MARA SOPA Lodge マサイマラ国立保護区)

気になる個室の方ですが…

コテージタイプの個室も、快適そのものです。

R0012431
部屋は決して広くはありませんが…
(MARA SOPA Lodge マサイマラ国立保護区)


シャワー、トイレはもちろん完備。ロッジによってはバスタブも
付いているし、タオルや石鹸、シャンプーまでも置いてあります。

R0012414
ロッジによってはバスタブまで付いています!
(LION HILL Lodge ナクル湖国立公園)

電気も部屋まで来ているので、デジタルカメラの充電も可能。
これはカメラマンにとっては、とってもありがたいことですが、
ほとんどのロッジが自家発電のため、朝晩の限られた時間のみ
電気が供給されているところが多く、夜でも「消灯時間」以降は
停電状態(つまり真っ暗)になるロッジもあります。

そんなところは、さすが「サバンナの真ん中」という感じですが、
ロッジではほとんど何不自由なく過ごすことができちゃうのです。

さてさて、そんなロッジですが、その形態には大きく分けると
2つのタイプがあります。

ひとつは戸建てタイプ。要するに普通のお家のようなコテージ。

R0012404
戸建てタイプのロッジ (LION HILL Lodge ナクル湖国立公園)

そして、もうひとつが「テントタイプ」です。

テントタイプは、要するにコテージの半分が戸建てタイプで、
半分がテントみたいになっているロッジ…というか、屋根の
下に大型のテントを建てたようなスタイルです。

R0010435
テントタイプのロッジ。(FIG TREE CAMP マサイマラ国立保護区)

テントとはいえ、ちゃんとベッドはついているし、シャワーも
トイレも付いていますから、戸建てタイプのロッジと設備は
変わりはありません。また、屋根の下にテントがありますから、
大雨に見舞われても、何ら問題はありません。

ただ、壁は薄いテント1枚だけなので、戸建てロッジとは、
「ダイレクト感」が違います。寝ている時に聞こえる風の音、
遠くからハイエナやカバ、時にはライオンのなき声…

野趣あふれる雰囲気を楽しむことができます。

R0010439
テントタイプのロッジの部屋。普通のロッジと変わりません。
(FIG TREE CAMP マサイマラ国立保護区)

私はこの「テントタイプ」が好きで、マサイマラ国立保護区で
ロッジに泊まる際は、いつもこのタイプを選んでいます。

さて、ロッジにも高級ロッジとスタンダードロッジがあります。
スタンダードロッジは、コテージタイプながらも戸数が多く、
大型のロッジになると50戸や、それ以上のロッジもあります。

スタンダードとはいえ設備は立派だし快適。サービスも良いし、
私にとっては「これで十分!」というレベルです。

いっぽう、高級ロッジは部屋の数が少ないのが特徴です。

高級ロッジはあまりに高額なので、私には縁がないのですが…
メルー国立公園の高級ロッジ「エルザ・コプジェ」には2度ほど、
宿泊したことがあります。

Rimg0192
高級ロッジは、日本の高級旅館並みの値段です!!
(ELSA'S COPJE メルー国立公園)

コテージが9棟しかない、とても静かで落ち着いたたたずまいの
素敵なロッジでした。このロッジは「部屋に壁がない!」という
オドロキのロッジなのですが…

その詳しい紹介は後日することにしましょう。

夜明け前から日没後まで、動物を追い求めてサバンナを走り回る
私にとっては、スタンダードなロッジで十分に満足なのですが、
高級ロッジには高級ロッジなりの楽しみ方があるように思います。

ガツガツとサファリをするのではなく、悠々とした時間の中で、
自分の身をサバンナに同化させる…それが高級ロッジの楽しみ方
のような気がします。

サバンナの楽しみ方は、人それぞれ。楽しみ方に合わせてロッジを
選ぶと、さらにサファリが楽しくなるでしょうね。

Imgp0292
こうしたラウンジで、のんびり読書するのも悪くはありません。
(エルザ・コプジェのラウンジ)

ロッジならではの楽しみには、イベントもあります。

たいていのロッジには、宿泊客を楽しませてくれるイベントがあり、
地元の人が披露してくれる歌やダンスを楽しむことができます。
またロッジによってはロッジ主催のウォーキングサファリなどもあり、
そうしたイベントに参加するのも楽しいものです。

ケニアやタンザニアなどのサファリツアーに行く場合は、こうした
ロッジに宿泊するのが一般的です。サファリに出かけるだけでなく、
ロッジで過ごす時間も存分に楽しみたいものですね。

R0010350
夜の時間をゆっくり過ごすのも、とても素敵なものです。
(SERENA Lodge サンブール国立保護区)

ちなみに…

ロッジはサバンナの真ん中にあるのですから、周辺環境への配慮も
大切なことです。周囲への影響が最小限になるように、どのロッジも
建てられていますが、日本のように高度な能力を持った排水処理の
施設があるわけでもなく、ゴミも基本的に埋め立てです。

ゴミをなるべく出さないのはもちろんのこと、備品は揃っていても、
例えばタオルは自分で持参したものを使ったり、シャワーもお湯を
出しっぱなしにしないなど、私たちも通常以上に環境への負荷を
考えながら利用したいものです…。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年4月18日 (日)

クロヒョウのヒョウ柄?

私が最も好きな動物のひとつ、ヒョウ。
美しい毛並と斑紋、均整のとれた体格、長い尻尾…美しい動物です。
野生のヒョウは群れを作らず、木登りが得意で樹上にいることが多く、
しなやかな動きと相まって孤高の美しさを感じます。

私がサバンナに行くときに、出会いを最も期待しているのがヒョウで、
サファリに出るときには毎回「ヒョウに会えますように!」と祈って
出発をするくらいです。でも、実際にはなかなか出会えない動物で、
野生のヒョウには、これまで毎年は出会えていません。

そんな野生のヒョウの美しい魅力は、また追ってお話することにして、
今回は動物園で見られる身近なヒョウのお話です。

20090430tobe_d30_7021
ん?動物園のヒョウ?ワタシのこと?(愛媛県立とべ動物園)

ヒョウは黄褐色の体に黒い斑紋、というのが「定番」ですが。
でも、「クロヒョウ」という名前を聞いたことはありませんか?

「クロヒョウ」「黒豹」「Black Panther」…なにやらカッコイイ感じ。
精悍さとしなやかな動き、そしてちょっとミステリアスな雰囲気を持つ、
そんなイメージでしょうか。

実際に、「クロヒョウ」を調べてみると…

■和歌山県警が最初に導入した真っ黒な覆面白バイ、通称「黒豹」。
 取り締まりに効果を挙げ、現在では他の都県警察でも導入。

…という記事が出てきました。
「黒い白バイ」というのも、ナンだか違和感がある言葉ですけど、
黒いボディで獲物に静かに忍び寄り、しなやかな身の動きで追跡し、
そして最後は俊敏に捕獲する…そんなイメージから「黒豹」という
通称が付いたのでしょうか。なかなかカッコイイ。

でも、そんな黒豹に追いかけられたら、すごい威圧感がありそう。
安全運転を心がけましょう。

さて、実際の動物のクロヒョウは…?

20091205tobe_d31_5938
はい、ワタクシがクロヒョウでございます。(愛媛県立とべ動物園)

やはりイメージどおり、なかなか精悍な感じがします。

クロヒョウというのはヒョウの変異種のこと。「クロヒョウ」という
ヒョウの種類があるワケではありません。
同じ馬でも「白い馬」と「黒い馬」があるように、クロヒョウも
「黒い毛並のヒョウ」というだけで、実際にはヒョウと同種です。

20091121tobe_d30_0408_2
ワタシもクロヒョウも、同じヒョウなのよね。 (愛媛県立とべ動物園)

ヒョウの親戚で、アメリカ大陸に分布しているジャガーにも、
「クロジャガー」がいますが、これも「黒い毛並のジャガー」で、
黄褐色の体に黒い斑紋のジャガーと同じ種です。

その証拠に、クロジャガーにもちゃんと斑紋が付いているのです。

20100410nihondaira_d31_9041_2
こちらは、ジャガーの斑紋 (静岡市日本平動物園)

20100410nihondaira_d31_9044
こちらは、クロジャガーの斑紋 (静岡市日本平動物園)

よ~く見ると、クロジャガーにも斑紋があって、ジャガー特有の
「梅模様の中に黒い点」まで、ちゃんとあるのがわかります。

クロヒョウにも、クロジャガーと同じように、ちゃんとヒョウ柄が
あるのですが、あいにく手持ちの写真で、ヒョウ柄がハッキリと
わかるものがなく、今回はヒョウの親戚「ジャガー」で代用を
させていただきました。クロヒョウさん、ごめんなさい。

ヒョウは元々毛並が美しい動物ですが、クロヒョウは黒い毛並が
艶やかで、さらに美しく見えます。そんなクロヒョウを撮ろうと、
カメラを覗きこむと、いつも気になることが。

黒いぶんだけ、砂や草などのゴミが毛並につくと目立つのです。
カメラを覗きこみながら「あー、ブラッシングしてあげたい!」と
思うのですが…

20091205tobe_d31_5956
ブラッシング?やってみる? (愛媛県立とべ動物園)

いや、やっぱり、やめておきます。

ちなみに…

ひところ流行った「動物占い」では、「クロヒョウ」型の人は、
「スマート」「新しいもの好き」「おしゃれ」「感情的になりやすい」
「正義感が強い」「飽きっぽい」「プライドが高い」のだそうです。
クロヒョウって、そんなイメージなのでしょうかね。

クロヒョウを動物園で見たときは、ヒョウ柄を探してみてくださいね!

20090801tobe_d31_3142
ジャガーもよろしくぅ~…むにゃむにゃ
(by ジャガー 愛媛県立とべ動物園)

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月14日 (水)

ジャガーって、知ってますか?

「ジャガーって、知ってますか?」

動物がテーマのこのブログなので、「あ~、ネコ科の動物ね?」と
思い出す方が多いとは思うのですが…

もし同じ質問を街でされたら、きっと「イギリスの車でしょう?」と
答える人の方が多いと思います。

クルマのジャガーは、流麗な美しいスタイリングのイギリス高級車。

Jaguarxk_convertible_2
うっとりするような美しいボディラインですね。

もちろん、社名は動物のジャガーに由来しているのは言うまでもなく、
ロゴにも躍動感あふれる動物のジャガーが描かれています。

Jaguarlogo_2
JAGUARのロゴマーク

この流麗なボディラインのクルマ、そしてこのロゴマーク…
動物のジャガーのへの期待も、否応なしに高まります。

では、さっそく動物のジャガーに登場していただきましょう。
今回は静岡市日本平動物園のジャガー、キコちゃん(メス9歳)です。

20100410nihondaira_d31_9034
へ?呼んだ?

あ、誰ですか?「これ、ヒョウでしょ?」と言っている人は!

「ヒョウじゃないの?」と間違われるのは、実は無理もないことで、
ジャガーは大型のネコ科の中で、ヒョウにきわめて近い仲間なのです。

D30_1809
ボクがヒョウだよ。ジャガー?知らないなぁ、近所にいないし。
(マサイマラ国立保護区のヒョウ)

しかし、ヒョウとジャガーは分布域がまったく違います。
ヒョウはアフリカ大陸からユーラシア大陸の広範囲にわたって分布して
いますが、アメリカ大陸には分布していません。
いっぽう、ジャガーは北米南部から南米大陸にかけて分布していますが、
それ以外の地域には分布していません。ヒョウとジャガーは似てますが、
その分布はきれいに分かれているのです。

20100410nihondaira_d31_9027
ワタシはジャガー。ヒョウとの違い、わかる?

さて、他に何が違うか、わかりますか?

D30_1822
ボクはヒョウ。ジャガーとよく見比べてみてね!

うーん、この正面写真では、ちょっとわかりづらかったですね。
…というワケで、比較用の組写真を特別に用意してみました!

Compare
上がヒョウ、下がジャガーです。

そう、いちばんわかりやすい違いは、体の模様です。

ヒョウもジャガーも、同じような梅の花のような模様を持っていますが、
ジャガーの方が模様が若干大きく、梅模様の中に黒い点があります。
「梅模様の中の黒い点」がジャガーの証しです。

次に違うのは、その体格です。

これは並べて比べてみないとよくわからないのですが、実はジャガーは
ライオン、トラに次いで3番目に大きいネコ科の動物です。
ヒョウよりもひと回り以上大きく、体格もかなり立派。ゴツいんです。
この日本平動物園のジャガー「キコちゃん」はメスですが、その体格は
オスのヒョウと同じくらいでした。

ヒョウも体のバランスという点では頭が大きく、脚も太いのですが、
ジャガーはさらに大きく、脚もさらに太く、そして短い(!)のです。

20100410nihondaira_d31_9038
頭がデカくて、脚が太くて、悪かったねー。

いやいや、そんな「悪い」なんてことはありませんよ。
だって、その体格があってこそのジャガーなのですから!

ジャガーの名前は南アメリカインディアンの「yaguara」という言葉に
由来するもので、これは「一跳びで獲物を殺す獣」という意味だそうです。

ライオンやチーターなどの大型ネコ科の動物たちは、獲物を狩るときに
喉元に噛み付いて獲物を窒息死させますが、ジャガーの場合は獲物に
飛びついて急所を強靭なアゴを使って一気に噛み砕き、獲物を即死状態に
してしまいます。

その姿はまさに「ひとっ跳びで獲物をしとめる」という感じなのでしょう。
そうしたことも、この太い脚と大きな頭が成せるワザ、それ故にジャガー
というワケなのですね。

ちなみに、ジャガーには他のネコ科の動物にはない「特技」があります。
それは、なんと!ジャガーは泳ぎが得意なのです。

ジャガーは熱帯雨林から草原、川辺や海辺にまで、幅広い環境に適応して
生活をすることができますが、水辺に住むジャガーは、川の中まで入って
魚を獲ったり、時にはカメや小型のワニまで獲ってしまうのだとか。

なんともたくましい限りのジャガーです。

Jaguar_xj
ふたたび、クルマのジャガーです…

しかし、同じジャガーでもクルマと動物のイメージはだいぶ違いますね。
もちろん、クルマの方は人間が勝手にイメージを昇華させていったもので、
オリジンである動物のジャガーが「本来の姿」なのですが。

もしジャガーの生態をクルマに例えるならば、全天候・全地形対応型の
パワーがあるたくましい大型四輪駆動車、という感じになるでしょうか。

もっとも、アメリカ大陸にしかいないジャガーが、なぜイギリスの車の
名前になったのか…その辺からして、かなりイメージがデフォルメ
されている感じは否めませんが…。

20100410nihondaira_d31_9033
んも~、勝手にイメージふくらませないでよねー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月11日 (日)

妖怪!?カワウソ

動物はあまり詳しくない…という方でも、「カワウソ」という名前を
知らない人は少ないと思います。

日本では古来から「カワウソ」は伝説や民話の中に登場しており、
日本人にとってはお馴染みの動物なのですが、不条理ギャグマンガの
『伝染るんです。』(うつるんです 作:吉田戦車)の登場人物(?)
として「お馴染み」になった方も少なくはないでしょう。

さて、名前はお馴染みでも、どんな姿かスグに思い起こせますか?

「細長い体つき」「短い脚」…まるでイタチ!?

でも「まるでイタチ!?」というのは、あながちハズレでもないのです。
カワウソはイタチの仲間。大きな違いは、野山に住むイタチに対して、
カワウソは水辺に住み、流線型の体型、水をはじく体毛、水かきを持ち、
水辺で生きるのに適した体つきになっています。

カワウソには、動物園でよく見られる「コツメカワウソ」をはじめ、
北米に住む「カナダカワウソ」、全長が2m以上にもなる、その名も
「オオカワウソ」など、いくつかの種類があり、ラッコもカワウソの
仲間になります。

20081122tama_d30_3896
どうも、こんにちは。コツメカワウソです (多摩動物公園)

「カワウソ」という名前、「カワ」と「ウソ」という組み合わせから、
実に日本語的な名前だと思われるでしょう。
実際に「獺」といった、何やら意味ありげな漢字も存在しており、
日本でも古来からいた動物であることが伺えます。

Tobe_logo_3   
愛媛県立とべ動物園のマークは「ニホンカワウソ」です

カワウソはオセアニア、南極を除く世界中のほぼ全域に分布しています。
日本にも、ユーラシアカワウソの亜種「ニホンカワウソ」がいましたが、
ニホンカワウソは1979年に目撃されたのを最後に目撃例がなく、
現在では絶滅したと考えられています。

漢字まである「カワウソ」、元々は「カワオソ」と呼ばれていたらしく、
なんと「川にいる恐ろしい動物」という意味なのだとか。伝説の中では
カワウソは人を化かす妖怪として現れ、地方によっては人を襲ったり、
カッパのモデルになったり…妖怪大図鑑(水木しげる・著)で調べると、
その姿は動物の「カワウソ」とは似ても似つかぬ姿に描かれています。

20090502chibacity_d31_0587
僕が妖怪だなんて、迷惑な話だよなぁ (千葉市動物公園)

もちろん動物のカワウソは人を襲うなどということはなく、好奇心旺盛で
遊びが大好き、とっても愛嬌がある動物です。

動物園でもっとも多く見られるカワウソはコツメカワウソです。

コツメカワウソは、東南アジアのマングローブの森や湿地帯、河口など
淡水が入る水辺に住むカワウソ。カワウソの中では最も小さい種類で、
体長もせいぜい1mくらい。「コツメ」の名のとおり、小さいツメが特徴で、
一見しただけではツメがあるのか無いのかわかりません。

20090502chibacity_d30_7437
むにゃむにゃ… (千葉市動物公園)

動物園では、こうして寝ている姿をよく見ますが、こんな姿も…

20090504kamine_d31_1088
どもー、かわうそコンビでーす (日立市かみね動物園)

なんと!コツメカワウソも、よく立つんです!!
後ろ脚で立つのは、レッサーパンダの風太だけではなかった!?

0212biopark_d30_3819
かみねの連中には、負けないよ。 (長崎バイオパーク)

コツメカワウソは手を器用に使うのが特徴です。
魚を食べるときも…

0212biopark_d31_8484
このアジ、なかなか噛み切れん!! (長崎バイオパーク)

しっかりと両手でアジをつかんで食べています。

0212biopark_d31_8473
うーん、やっぱり噛み切れんっ!! (長崎バイオパーク)

長崎バイオパークのコツメカワウソは、飼育員の方のお話によると
地元の大村湾のアジが大好きだそうで…食べる姿は無我夢中。
丈夫な歯で、アジを頭から豪快にバリバリ食べてました。

0212biopark_d31_8494
やっぱり地元のアジがいちばん美味いねぇ。 (長崎バイオパーク)

コツメカワウソはよく動き回る動物で、見ていて飽きないのですが、
そのぶん撮影に苦労する動物のひとつでもあります。
なんとかその豊かな表情を撮ろうとするのですが…フォーカスが追いつか
なかったり、フレームから外れてしまったり。いつも失敗ばかりです。

しかし、この愛くるしい姿から、どうして「妖怪かわうそ」という話が
生まれてきたのでしょうか…ちょっと不思議ですね。

20081122tama_d30_3960
襲わないから、遊びにきてね~ (多摩動物公園)

◆日本の動物園で見られるカワウソといえば、コツメカワウソが
 ほとんどですが、その他に「カナダカワウソ」なども見られます。
 「盛岡市動物公園」の記事の中で、カナダカワウソをご紹介
 しています。ぜひご覧ください。(ブログはコチラです)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 4日 (日)

イヌはイヌでも…

先日書いた「ネコはネコでも…」というコラムの最後に、

次回は『イヌはイヌでも…』をお届けします。お楽しみに

と書いたら、読んでいただいた方から、さっそく「んじゃ、次回は…」
というメールをいただきました。

「ネコはネコでも…」=ミーアキャット

ならば、

「イヌはイヌでも・・・」=????

もう、これはおわかりですよね!そう、今回は「プレーリードッグ」です!

さて、プレーリードッグ、何の仲間かおわかりですか?

20090921ishikawa_d31_3628
僕の仲間でしょ? by ケープハイラックス(いしかわ動物園)

うーん、似ていなくもないけど、ハイラックスはゾウの親戚
種類としては、プレーリードックからはかなり遠いですねぇ…

20090920toyamafp_r0010163
「ドッグ」なんだから、やっぱり僕の仲間じゃないの?
by シンリンオオカミ (富山市ファミリーパーク)

オオカミはイヌの仲間。確かに「ドッグ」はドッグですけど…
イヌの仲間だったら、「イヌはイヌでも…」という題名にはなりませんね。

0212biopark_d31_8648
僕らの仲間でしょ。一緒に打たせ湯しようよー、気持ちイイよ。
by カピバラ
 (長崎バイオパーク)

お、久々に登場、カピバラさん

そう、プレーリードッグは「イヌはイヌでも」…カピバラの親戚。
つまり、ネズミの仲間なんです!

では、さっそくプレーリードッグさんにご登場いただきましょう~!!

20090921ishikawa_d31_3782
僕の出番がなかなか来ないな~ byプレーリードッグ(いしかわ動物園)

あら、また前置きが長くてプレーリードッグさんがイジケてしまったかな。
ゴメンナサイ、このブログは前置きが長いのが定番でして…

プレーリーさ~ん!お待たせしてスミマセン!!

20090921ishikawa_d31_3793
お腹すいたなー。待ちくたびれたから、そろそろ帰ろうかな…
(いしかわ動物園)

ありゃりゃ、完全に今日の主役を忘れてしまっている。
このまま帰ってしまったら、このコラムの先が続かなくなっちゃう…。

おーい、プレーリーさ~ん!帰らないでぇ~!!
出番ですよ、で・ば・ん!!

20090921ishikawa_d31_3799
ハッ、誰か呼んだ!?あ、これから本番なの?
(いしかわ動物園)

はい、これからが本番ですよ。

…というワケで、ようやくプレーリードッグのお話です。

ミーアキャットは、英語名のつづりが「Meerkat」で正式に発音すると
実は「ミーアカット」になるのとは違い、プレーリードッグは英語名の
つづりも「Prairie dog」で、訳すと「草原のイヌ」という意味。

まさに「イヌはイヌでも…」なのです。

20090921ishikawa_d31_3791
でも…僕はイヌには見えないよねぇ
(いしかわ動物園)

プレーリードッグはげっ歯目(ネズミ目)で、リスの仲間なのです。

北アメリカ中央部に広がる「プレーリー」と呼ばれる温暖な草原地帯に
住んでいる動物で、地面に穴を掘って、オス1匹に対してメスが数匹で
暮らしています。巣穴は長大で多くの部屋があり、子供部屋、寝室から
なんとトイレまで分かれているのだとか。

動物園でもプレーリードッグが穴を掘っている姿を見ることがよくあり、
さらに動物園によってはその穴の構造を確認できる所もあります。

20071222nagasakibio_dsc_9549
穴を掘るのは得意だよ。(長崎バイオパーク)
画面に入っている糸のようなものは、カラス除けのネットです。

ひとつの家族は数匹で構成されていますが、プレーリードッグの中で
代表的な「オグロプレーリードッグ」は、そうした家族がいくつも集まり
広大な「タウン」と呼ばれる町を草原に作っています。

タウンの「人口」は数百匹以上になり、まさに「町」の様相。
すごいのはその面積で、これまでに確認された最大のタウンは、なんと
65haだとか!これは東京ディズニーランド(51ha)よりも広く、
正方形の敷地にすると、1辺が800mを越える規模になります。

20081123hamura_dsc_1455
そんな広いところに住んでみたいものだねぇ (羽村市動物公園)

巣穴の周囲は、掘った土が土手のように盛られていています。
これは、大雨の時に水の浸入を防ぐためとも考えられていますが、
土手に立って、外敵を見張りやすくするためのようです。

プレーリードッグは交互に見張りをして、コヨーテやタカなどの外敵が
近付くと「キャン!キャン!」という声をあげ、タウンの仲間たちに
警告を発します。この警告音がイヌのなき声に似ていることから、
「プレーリードッグ」と名づけられたのです。

この警告音は外敵の大きさや色、近付いてくる方角などによって異なり、
さらに「警報解除」のなき声まであると言うのですから、オドロキです。

20090921ishikawa_d31_3824
家族を守るためだもん。そのくらい当然のことだよ。
(いしかわ動物園)

またプレーリードッグは、巣穴の周囲に生える草を食べ、草の高さが
自分たちの身丈以上にならないようにしています。
これも、巣穴の周囲の見通しを良くして、外敵を発見しやすくするため、
と考えられています。

外敵に襲われにくいタウン作り。そして家族を外敵から守る協力体制。
これは私たちが理想とする町(タウン)と同じですね。

20071222nagasakibio_dsc_9502_2
安心できるタウンのために…それがプレーリードックの流儀です
(長崎バイオパーク)

プレーリードッグが住む草原では、草が伸び放題にならないため、
植生の循環が良くなり、草原が活性化します。
そのため、牧草地にプレーリードッグがタウンを作るのは本来良いこと
なのですが、巣穴に家畜が足を突っ込んで骨折したり、病気を媒介する
などという理由から害獣扱いをされ、アメリカでは駆除の対象となって
しまいました。

19世紀には、地球上の人口よりも多い(当時)とされていた野生の
プレーリードッグですが、現在ではその98%が駆除されてしまった、
とも言われています。

もともとプレーリードッグが住んでいた草原に人間が入り込み、
牧場や農地を作っていった結果、害獣扱いされ駆除されていった…
この構図は、他の絶滅した野生動物たちと同じです。

今回、この記事を書くために、様々なリポートを読んでみましたが、
アメリカ現地では「害獣として見るのが当然の感覚」という感じで、
牧場や農場を営む人々は駆除をしているようです。

そのいっぽうで、草原の生態系にとって重要な役割を果たしている、
ということで保護活動が進められている地域もあり、プレーリードッグ
もまた、人間の都合でその運命が大きく左右されてしまっている動物の
ひとつと言えるでしょう。

20090921ishikawa_d31_3785_2
野生の仲間たちは、大丈夫なんだろうか… (いしかわ動物園)

幸いなことに野生のプレーリードッグは、まだ「絶滅の危機」までは
至っていないようですが、一定の数を下回ると、急激に絶滅の道を
歩み始めるのが、野生動物の「お決まり」ですから…

可愛い仕草を動物園で眺めていると、野生のプレーリードッグが、
そうした道を歩まないように祈ると共に、彼らと同じく人間に運命を
左右されている動物たちへの思いも募ってきます。

野生動物と人間との共存は、人間のエゴイズムが入り込んで、
実現はとても難しいものですが、地球上の生態系には、人間もまた
大きな意味で含まれている、ということを忘れずにいたいものです。

ちなみに、「キャン!キャン!」と鳴くことから「ドッグ」という
名前となったプレーリードッグですが、先日の記事でご紹介した
ミーアキャットは「ニャー、ニャー」とは鳴きません。

20091221nagasakibp_d30_2254
だからー、僕は「キャット」じゃなくて「カット」なんだってば!
by ミーアキャット(長崎バイオパーク)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 1日 (木)

ネコはネコでも…

タイトルをご覧になって、
「サバンナののネコと言ったら、ライオンでしょ?」
…と思われる方が多いでしょう。

D31_2585
そうよ、サバンナのネコとは俺様のことよ
ライオン(ケニア・マサイマラ国立保護区)

さらに…
「サバンナのネコ?サーバルキャット?」
と思われた方は、かなりのサバンナ通。

D30_8286
へ?誰か呼んだ?
サーバルキャット(ケニア・マサイマラ国立保護区)

他にもサバンナのネコ科といえばチーター、ヒョウ、カラカル…
いろいろといるのですが、今回はそうした動物分類学的な「ネコ」の
お話ではありません。

ネコはネコでも…ミーアキャットのお話です。

20090921ishikawa_d30_9909
ネコみたいな名前だけどねー (いしかわ動物園)

ミーアキャットはアフリカ南部の半砂漠地帯やサバンナに住む動物。
ご覧の通り、ネコとは似ても似つかぬ動物…それもそのはずで、
ネコ科の動物ではなくマングースの仲間で、実は英語名のつづりも
「Meerkat」ですから、正確に発音すれば「ミーアカット」になります。

非常に社会性の強い動物で、数十頭の群れからなるコミュニティを作り、
お互いに助け合いながら生活をしています。その姿は昨年公開された
映画「ミーアキャットの世界」で、ご覧になった方も多いかもしれません。

体長は30センチ前後と小さく、とんがった鼻と、愛嬌のある目、そして
よく動きまわる姿には、とても親しみを感じます。

20070502nagasakibio_dsc_7008
春ですなぁ… (長崎バイオパーク)

動物園で観察をしていると、高い所に登って周囲を見張るような仕草を
見せるミーアキャットを見かけることがあります。

20091108saitama_d31_5255_2
だって、見張っているんだもん。 (埼玉県こども動物自然公園)

野生のミーアキャットは、数匹が常に見張り役をしていて、外敵が来ると
鋭い鳴き声で仲間に警告をする、という習性を持っています。
動物園にいるミーアキャットでも、同様の行動を見ることができるのです。

20090502chibacity_d31_0572_2
動物園に住んでいても、天敵はいるんだよねー (千葉市動物公園)

そうなんです、動物園にいてもカラスやタカなどに襲われてしまう場合が
あるのです。動物園だからといって、安心できるワケではないのですね。
動物園によっては、カラスよけのネットを張っている所もありますが、
危険を察知する本能が働くのか、上空にカラスなどが現れると警告を発し、
集団に緊張感が走るのを見ることができます。

20081123hamura_d30_4305
むむ、上空に危険が…!? (羽村市動物公園)

ちなみに、人間には慣れているせいか、私たちがどんなに近づいても
警戒はしません。カメラを向けても、ご覧のとおり…

20100110saitama_d31_7094
日光浴は僕らの日課だよ (埼玉県こども動物自然公園)

どうやらカメラにも慣れているようです。

食べ物が乏しい半乾燥地帯で生きていくためには、何でも食べないと
生き延びていきません。そのためミーアキャットは何でも食べる雑食性。
植物の根っこから、昆虫、小動物まで、何でも食べてしまいます。

だいぶ前のことですが、動物に餌をあげられる長崎バイオパークでは、
ミーアキャットにも餌をあげることができました。

自動販売機でエサを買い、エサがはいったカプセルをカパっと開けると、
なんと、その中には…ワーム(幼虫)が入っていたのです!
後ろ足でピョコっと立つミーアキャットの可愛い姿にツイツイつられて、
エサを買ってしまった女性の中には「ぎゃ~!」と叫び声を上げる人も。

まさかワームが入っているとは想像もできなかったのでしょう。
ミーアキャット本人としては、大好物なのに…

20090920toyamafp_d31_3371
何でも食べちゃうよ。 (富山市ファミリーパーク)

あまりに不評だったのか、現在の長崎バイオパークではミーアキャットの
エサは売っていません。

そんなミーアキャットですが、周囲を見張るためにスクっと立つ姿が
とっても可愛らしく、動物園では人気者。いつまで見ていても飽きません。
ミーアキャットの前では私もつい長居をしてしまい、写真をいつまでも
撮り続けてしまいます。

20090502chibacity_d31_0463
ムムム、背後からカメラの予感が… (千葉市動物公園)

次回は「イヌはイヌでも…」をお届けいたします。
さて、どんな「イヌ」が登場するのか、お楽しみに!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »