« イヌはイヌでも… | トップページ | ジャガーって、知ってますか? »

2010年4月11日 (日)

妖怪!?カワウソ

動物はあまり詳しくない…という方でも、「カワウソ」という名前を
知らない人は少ないと思います。

日本では古来から「カワウソ」は伝説や民話の中に登場しており、
日本人にとってはお馴染みの動物なのですが、不条理ギャグマンガの
『伝染るんです。』(うつるんです 作:吉田戦車)の登場人物(?)
として「お馴染み」になった方も少なくはないでしょう。

さて、名前はお馴染みでも、どんな姿かスグに思い起こせますか?

「細長い体つき」「短い脚」…まるでイタチ!?

でも「まるでイタチ!?」というのは、あながちハズレでもないのです。
カワウソはイタチの仲間。大きな違いは、野山に住むイタチに対して、
カワウソは水辺に住み、流線型の体型、水をはじく体毛、水かきを持ち、
水辺で生きるのに適した体つきになっています。

カワウソには、動物園でよく見られる「コツメカワウソ」をはじめ、
北米に住む「カナダカワウソ」、全長が2m以上にもなる、その名も
「オオカワウソ」など、いくつかの種類があり、ラッコもカワウソの
仲間になります。

20081122tama_d30_3896
どうも、こんにちは。コツメカワウソです (多摩動物公園)

「カワウソ」という名前、「カワ」と「ウソ」という組み合わせから、
実に日本語的な名前だと思われるでしょう。
実際に「獺」といった、何やら意味ありげな漢字も存在しており、
日本でも古来からいた動物であることが伺えます。

Tobe_logo_3   
愛媛県立とべ動物園のマークは「ニホンカワウソ」です

カワウソはオセアニア、南極を除く世界中のほぼ全域に分布しています。
日本にも、ユーラシアカワウソの亜種「ニホンカワウソ」がいましたが、
ニホンカワウソは1979年に目撃されたのを最後に目撃例がなく、
現在では絶滅したと考えられています。

漢字まである「カワウソ」、元々は「カワオソ」と呼ばれていたらしく、
なんと「川にいる恐ろしい動物」という意味なのだとか。伝説の中では
カワウソは人を化かす妖怪として現れ、地方によっては人を襲ったり、
カッパのモデルになったり…妖怪大図鑑(水木しげる・著)で調べると、
その姿は動物の「カワウソ」とは似ても似つかぬ姿に描かれています。

20090502chibacity_d31_0587
僕が妖怪だなんて、迷惑な話だよなぁ (千葉市動物公園)

もちろん動物のカワウソは人を襲うなどということはなく、好奇心旺盛で
遊びが大好き、とっても愛嬌がある動物です。

動物園でもっとも多く見られるカワウソはコツメカワウソです。

コツメカワウソは、東南アジアのマングローブの森や湿地帯、河口など
淡水が入る水辺に住むカワウソ。カワウソの中では最も小さい種類で、
体長もせいぜい1mくらい。「コツメ」の名のとおり、小さいツメが特徴で、
一見しただけではツメがあるのか無いのかわかりません。

20090502chibacity_d30_7437
むにゃむにゃ… (千葉市動物公園)

動物園では、こうして寝ている姿をよく見ますが、こんな姿も…

20090504kamine_d31_1088
どもー、かわうそコンビでーす (日立市かみね動物園)

なんと!コツメカワウソも、よく立つんです!!
後ろ脚で立つのは、レッサーパンダの風太だけではなかった!?

0212biopark_d30_3819
かみねの連中には、負けないよ。 (長崎バイオパーク)

コツメカワウソは手を器用に使うのが特徴です。
魚を食べるときも…

0212biopark_d31_8484
このアジ、なかなか噛み切れん!! (長崎バイオパーク)

しっかりと両手でアジをつかんで食べています。

0212biopark_d31_8473
うーん、やっぱり噛み切れんっ!! (長崎バイオパーク)

長崎バイオパークのコツメカワウソは、飼育員の方のお話によると
地元の大村湾のアジが大好きだそうで…食べる姿は無我夢中。
丈夫な歯で、アジを頭から豪快にバリバリ食べてました。

0212biopark_d31_8494
やっぱり地元のアジがいちばん美味いねぇ。 (長崎バイオパーク)

コツメカワウソはよく動き回る動物で、見ていて飽きないのですが、
そのぶん撮影に苦労する動物のひとつでもあります。
なんとかその豊かな表情を撮ろうとするのですが…フォーカスが追いつか
なかったり、フレームから外れてしまったり。いつも失敗ばかりです。

しかし、この愛くるしい姿から、どうして「妖怪かわうそ」という話が
生まれてきたのでしょうか…ちょっと不思議ですね。

20081122tama_d30_3960
襲わないから、遊びにきてね~ (多摩動物公園)

◆日本の動物園で見られるカワウソといえば、コツメカワウソが
 ほとんどですが、その他に「カナダカワウソ」なども見られます。
 「盛岡市動物公園」の記事の中で、カナダカワウソをご紹介
 しています。ぜひご覧ください。(ブログはコチラです)

|

« イヌはイヌでも… | トップページ | ジャガーって、知ってますか? »

どうぶつ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 妖怪!?カワウソ:

« イヌはイヌでも… | トップページ | ジャガーって、知ってますか? »