« 自然体であること ~白川義員さんに思う | トップページ | 可愛く撮りたい! »

2010年6月30日 (水)

また再び感動と出会いたい…

昨夜のワールドカップ「日本対パラグアイ」の余韻が、まだ醒めません。

私は普段はJリーグも見ていないし、サッカーについてもそれほど詳しい
ワケではありませんが、それでも、今回のワールドカップは日本代表の試合
だけでなく、その他の国々の予選もテレビ観戦してしまいました。

サッカーに限らないことなのでしょうけれど、世界一流レベルのスポーツの
試合で見せてくれる選手たちの「技」は、無条件に素晴らしいものですし、
大きな感動を与えてくれるものです。

ワールドカップでは、その素晴らしい技をたくさん堪能しましたが…

やはり日本人としては日本代表チームの活躍を祈り、勝利を喜びました。
試合を重ねるごとにチーム力がアップしていく日本代表チームに感動し、
「この調子ならパラグアイ戦もイケるのでは?」と秘かに期待を膨らませて
いたのですが。

とても残念でした。

とはいえ、日本代表チームは、まさしく「完全燃焼」だったと思います。
それは、今回のパラグアイ戦だけでなく、これまでのひと試合ひと試合に
チーム全員で挑み、結束力を高めながら力を昇華させていった結果としての
「完全燃焼」だったと思うのです。

それゆえに、パラグアイに負けたこと自体も「残念」でしたが、私としては
「もう、このチームの試合を見られない…」ということが、とても残念に
思えたのでした。

そのいっぽうで、「4年後に、再び素晴らしい試合を見ることが楽しみ」と
思ったのも事実です。

話は飛びますが…

サバンナで素晴らしい光景に出会った話をすると、「そんなに素晴らしい
光景と出会ったら、もう帰りたくなくなるでしょう」とよく言われます。

確かにサバンナで過ごす最終日は、後ろ髪を引かれる思いになるのは
事実なのですが、実は「帰りたくないな~」というよりも「また次回、この
光景に出会える日が楽しみ」という思いの方が大きいのです。

Ke06090003_17
素晴らしい光景と出会ったときは、「去りたくない」という思いより、
むしろ「また会いたい」という思いの方が、強いものです。
(ケニア・マサイマラ国立保護区)

素晴らしいシーンが与えてくれる大きな感動は、心を豊かにしてくれる
だけでなく、さらに次回の感動への懸け橋になってくれるように思います。

今回のパラグアイ戦を見届けたあと、サバンナを去る日に私が感じている
「また出会いたい」という、清々しさに似た思いを心に感じたのでした。

サムライJAPAN、たくさんの感動をありがとう!
そしてまた4年後、大きな感動をたくさん与えてくれる日々が来ることを、
今から楽しみにしています。

|

« 自然体であること ~白川義員さんに思う | トップページ | 可愛く撮りたい! »

ひとりごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/547433/48763564

この記事へのトラックバック一覧です: また再び感動と出会いたい…:

« 自然体であること ~白川義員さんに思う | トップページ | 可愛く撮りたい! »