« 敬老の日に寄せて | トップページ | ライオンのたてがみ »

2010年9月22日 (水)

よく噛んで食べよう ~ウシ亜目のお話

9月のお彼岸まで続いた残暑。

でも、天気予報によると、彼岸過ぎから秋らしい気候になるとか…

ようやく秋…ですね。

秋といえば、なんといっても待ち遠しいのは「美味しいモノ」です。

秋の味覚といえばサンマ。今年は不漁で高値が続き、なかなか手が
出にくいですけれど、一度は食べておきたいものですね。

Biopark_d31_8479
高値のサンマ?そんな贅沢な…オレはアジだよ、アジ!!
(コツメカワウソ 長崎バイオパーク)

お店の果物も、梨やぶどうが並びはじめたり…

Inokashira_d30_4550
木の実もたくさん実る季節だしね
(ニホンリス 井の頭自然文化園・東京都)

美味しいモノが揃い始めると、お腹もよく空くようになりますね。

Tama_d30_0042
昨日のお肉は美味しかったなぁ…あー、お腹空いた。
(ユキヒョウ 多摩動物公園・東京都)

そんな時に…楽しいモノをいただきました。

見る角度によって絵柄が変わる、というものなのですが…

R0013969
いち!

R0013970
に!

R0013972
さん!

R0013973
よん!

…変化がわかりましたか?

ちょっとわかりづらいかもしれないので、アップにしてもう1回。

R0013976
いち!

R0013977
に!

R0013980
さん!

R0013982
よん!

キリンさんが、お口をもぐもぐさせているんです。
早く動かしてみると、これがなかなか面白い。ついつい、何度も
動かして見入ってしまいます。(かなり癒されます)

写真だと、この変化はなかなかわかりづらいですね。

こういうのを、レンチキュラーというのだそうですが…
何度も撮り直したのですが、なかなか上手く撮れませんでした。

…というワケで、実物のキリンだとこんな感じになります。

Tama_dsc_0891
いち!

Tama_dsc_0892
に!

Tama_dsc_0893
さん!

Tama_dsc_0894
よん!
(アミメキリン 多摩動物公園・東京都)

キリンは偶蹄目(正確には鯨偶蹄目)ウシ亜目という分類に
属する動物です。ウシ亜目というのは、別名「反すう目」と
よばれ、反すうをするのが特徴です。

キリンがこの口の動きをしている時は、反すうをしている時。
ご存知のとおり、反すうとはいちど食べた物を口に吐き戻し、
よく噛んでからまた胃に送り込むことを、何度もくりかえす
ことです。

反すうをする動物といえば、すぐにウシを思い浮かべますが、
ウシの他にこのキリンや、ヤギ、ヒツジ、ガゼルやインパラ
などのアンテロープ、シカの仲間など、実に多くの動物たちが
ウシ亜目に属していて、反すうをしています。

実はこのウシ亜目、長い進化の過程の中で、草食動物の中では
現在もっとも繁栄している動物のグループと言われています。

D30_9043
ウシ亜目は、地球上最大の草食動物グループです。
(マサイマラ国立保護区・ケニア)

草食動物には、他に大きなグループとしてウマを代表とする
「ウマ目(別名「奇蹄目」)」というグループがあります。

ウマ目にはウマ、シマウマ、ロバなどのウマ科の他に、サイ科、
バク科がありますが…その3種類しかいません。

ウシ亜目に属する動物は、シカ科、ウシ科、キリン科などの
6種類で、ウマ目の3種類と大差ないような気がしますが…

ウシ亜目のシカ科、ウシ科に属する動物たちは種類が非常に
多いため、ウシ亜目にはウマ目よりもはるかに多くの種類の
動物たちがいるのです。

実は…

5000万~2300万年前には、ウマ目には現在よりも多くの種類が
存在したことが知られており、気候変動によりその多くが絶滅
してしまいました。

さらに生き残ったウマ目も、ウシ亜目の勢力に押されて衰退し、
ウマ、サイ、バクの仲間しか残らなくなってしまったのです。

D31_1918
ウマ目には、かつてはもっと多くの種類がいたそうです…
(グラントシマウマ ナクル湖国立公園・ケニア)

ウマ目は衰退するいっぽう、ウシ亜目は逆に繁栄をしてきた…
なぜ、そんなことが起こったのでしょう。同じ草食動物なのに。

その最も大きな理由は「反すう」にあると言われています。

D31_2026
え?反すうに理由があるって? 反すうも悪くないねぇ
(アフリカンバッファロー マサイマラ国立保護区・ケニア)

草食動物は、当然のことながら草を食べているわけですが…

草は肉に比べるとカロリーがはるかに少ないため、草食動物は
草をたくさん食べるだけでなく、徹底的に消化しないと、生存に
必要なエネルギーや養分を摂取することができません。

それゆえに草食動物は「草や葉から、いかにしてエネルギーや
栄養を摂取するか」という風に進化してきました。

ある動物は、盲腸を長くすることで食べた草を消化器官の中に
長く滞留させ、できるだけ養分を吸収するようになりました。

Chibacity_d30_7140
ウマの盲腸は、なんと1m近くあるそうです。
(モウコノウマ 千葉市動物公園)

さらに、盲腸を長くするだけでなく、摂取した栄養分の消費を
抑えるために、睡眠時間を長く取っている動物もいます。

Saitama_d31_5026
コアラは盲腸がウマ以上に長い上に、1日20時間近く寝て
エネルギー消費を徹底的に抑えています。
(コアラ 埼玉県こども動物自然公園)

※コアラの生態についてはコチラもご覧ください!

しかし、ただ単に盲腸を長くしただけでは、食べた草は十分に
消化できません。というのも、繊維質が多い植物を効率よく
消化するためには、その繊維質を細かく切断する必要がある
からです。

つまり…「よく噛み砕く」必要がある、というこですね。

Motherfarm_d30_3746
いつもモグモグ、たまにペロリ!
(ホルスタインの子供 マザー牧場・千葉県)

反すうする動物は、いったん食べて胃に送り込んだ草や葉を
口に戻してまた噛み砕き、再び胃に送り込む…ということを
繰り返しているのですが、実はそれだけではありません。

反すうする動物の胃は、他の草食動物の胃とは構造が異なり、
4つに分化した胃を持っています。

4つのうち前方3つの胃には微生物が住んでおり、反すうと
組み合わせることにより、繊維質の多い草葉をその微生物が
まず徹底的に消化します。

その後、4番目の胃に送り込んで、栄養分をたっぷり含んだ
微生物を分解して、栄養分を体内に取り込む…という構造に
なっているのです。

正確に言うと、反すうする動物は植物から直接栄養を摂る
のではなく、いったん微生物に植物を十分に食べさせたあと、
その微生物を分解・吸収する、ということになりますね。

D31_2428
なんだか、難しい話になってきたねぇ…
(ウォーターバック マサイマラ国立保護区・ケニア)

そうですね…ちょっと難しい話になっちゃいました。

つまり反すうする動物は、反すうして繊維質が多い草や葉を
よく噛み砕きながら、微生物の力を借りて消化することで、
繊維質が多い草葉を徹底的に消化する、ということですね。

これは、かなり徹底した消化方法です。

Tamazoo_d30_8217
徹底的に消化する、それが僕らウシ亜目の流儀です。
(ターキン 多摩動物公園・東京都)

でも、実は…

微生物を借りて消化するというのは、反すう行動を行わない
ウマ目でも、実は同じなのです。

ウマ目は胃ではなく腸に微生物がいて、そこで微生物の力を
借りてゆっくりと消化しています。

しかしウマ目は反すうを行わないため、消化しにくい繊維質は
そのまま腸に行くことになり、「徹底的に消化」という点では、
反すうして繊維質を細かく砕きながら消化するウシ亜目の方が
「徹底している」ことになります。

つまり…

栄養分が少ない草葉を徹底的に消化するために、「反すう」は
有利に働く行動で、理屈から考えると、
 ・同じ量の草ならば、ウマ目(=反すうしない)よりもウシ亜目
  (=反すうする)の方がより多くの栄養分を得られる。

 ・同じ栄養分を得るなら、ウマ目よりもウシ亜目の方が少ない
  量の草から得ることができる。

ということになるのですね。

それが、進化の過程では、ウマ目よりもウシ亜目の方が有利に
働き、同じ草食動物でも、結果としてウマ目は衰退、ウシ亜目は
繁栄したのだろうと、考えることができます。

Kofuyuki_d31_2600
やっぱり、よく噛むことは大切なんだねー。
(ヤギ 遊亀動物園・甲府市)

ウマ目とウシ亜目には、そうした消化構造の違いがあるため、
サバンナでは、たとえばシマウマとヌーとでは食べる草の部分が
違ったりしますし、また、歯の構造も違います。

そのあたりの話は、「草食動物の共存(3)」に書いてあります
ので、ぜひコチラもご覧ください。

今回も、ちょっと(かなり?)難しい話になってしまいましたが…

ただ、これだけはひとつ!

結果的に、草食動物は「よく噛んで食べる」ウシ亜目が優位になり、
進化の過程で生き残ってきたのです。。

…ということは、「よく噛んで食べる」というのは、生き残る秘訣。
つまり、長生きの秘訣なのかもしれません。

みなさん、食欲の秋ですが、バクバク食べずによく噛んで、そして
よく味わいながら、ゆっくりと食べましょう!

Kanazawa_d31_9569
よく噛んで、食欲の秋を楽しもうね~!
(アミメキリン 金沢動物園・横浜市)


Chewing

|

« 敬老の日に寄せて | トップページ | ライオンのたてがみ »

どうぶつ」カテゴリの記事

コメント

最初キリンさんのどこが変化するのか分からず、
自分が椅子から立ったり、座ったり何度か繰り返し、

しばらくして下へスクロールしてみて拡大画像を見て
やっと口元の変化に気づきましたヾ(´ε`*)ゝ エヘヘ

そばでだいぴんさん見てなくてよかった(*^ー゚)bグッジョブ!!

投稿: 海風 | 2010年9月24日 (金) 01時02分

海風さん!

コメントありがとうございました。

海風さん、楽しすぎます!!

この写真を前にして、立ったり座ったりして「動かないなぁ、わからないなぁ」と悩んでいる海風さんの姿…

想像するだけで、楽しいです。そばで見たかったなぁ…

そんな楽しい海風さんから、こちらの「ポレポレで行こう!」にもコメントをいただけて嬉しいです。

「一枚の動物写真」とあわせて、コチラの「ポレポレで行こう!」も、よろしくお願いします。

投稿: だいぴん | 2010年9月24日 (金) 23時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/547433/49532961

この記事へのトラックバック一覧です: よく噛んで食べよう ~ウシ亜目のお話:

« 敬老の日に寄せて | トップページ | ライオンのたてがみ »