« ツノ、ありますけど…(3) キリンのツノは何本あるの? | トップページ | ホワイトタイガーのお話 »

2010年12月18日 (土)

シマウマの縞

今日はシマウマのお話です。

Chausuyama_d31_1167
むにゃむにゃ、シマウマですよ~
(グラントシマウマ 茶臼山動物園・長野市)

動物園でシマウマはよく見かける動物ですが、東アフリカのサバンナでも
シマウマはヌーに次いでよく見る動物です。

私が十数年前にケニアを初めて訪れた時、アンボセリ国立保護区へ向かう
途中で「初めて見た野生動物」が、このシマウマでした。
なにせ、初めて見た野生動物でしたから大感激で、豆粒ほどのシマウマを
写真に撮った覚えがあります。

でも、そのあといろんな動物たちに巡り合うと、よく見かけるシマウマは
珍しくもなくなり、だんだん興味も薄れてきて、写真すら撮らなくなって
しまいました。

そんなシマウマなのですが…

今では逆に、白と黒のシンプルなストライプがとても美しく思えてきて、
よく見かける動物とはいうものの、サバンナでも動物園でもよく写真に
撮る動物のひとつです。

Tama_d30_2637
シンプルだからこそ、美しい…それがシマウマの魅力です
(グレービーシマウマ 多摩動物公園・東京都)

「シマウマ」という名前のとおり、「シマ」がある「ウマ」なのですが、
実際にはウマよりはロバに体型が似ていて、ロバに近い動物ということが
わかります。

Tobuzoo_d30_8297
耳の形とか、シマウマさんに似ているでしょ?
(ロバ 東武動物園)

言うまでもなくシマウマの特徴は、その縞模様です。

白と黒の縞模様。道路の横断歩道が「ゼブラゾーン」と呼ばれるほどに、
その白と黒の縞模様はシマウマの代名詞とも言えるでしょう。

「シマウマの縞は、白地に黒?黒地に白?」とよく質問されるのですが、
これはどちらも不正解。縞模様は毛の色ですから地肌の色とは関係なく、
シマウマの実際の地肌の色は「黒」なのだそうです。
つまり、正解は「黒い肌から、黒い毛と白い毛(正確には白い毛ではなく
透明な毛=人間の白髪が白い毛ではないのと同じ)」ということですね。

D30_2125
地肌は黒いんだって。みんな、知ってた!?
(グラントシマウマ マサイマラ国立保護区・ケニア)

さて、この縞模様ですが…なんで縞模様なのでしょう?

動物の「なんで?どうして?」にはいろんな説があって、「結局の所は、
よくわからない」ということも多々あるのですが、このシマウマの縞も
そのひとつかもしれません。

シマウマの黒い縞模様の部分は、太陽の光をよく吸収して温度が上がり、
白い縞模様の部分は光を反射して温度が上がらないので、そこに空気の
小さな対流が起こり、体温を保つ効果がある…

などという、かなり大胆な(?)説がある一方で。

シマウマの縞は、人間の指紋と同様に個体によって違い(これは事実)、
家族や仲間を識別するために縞模様がある…

という、いっけん真っ当な説もあるのですが、いちばん一般的な説は
「カモフラージュのため」というものです。

Asazoo_d31_4402
シマウマだから縞があるの?縞があるからシマウマなの?
(グラントシマウマの親子 安佐動物公園・広島市)

「カモフラージュ」ということは、つまりライオンなどの肉食動物から
身を守るための模様ということなのですが、草原の中で白と黒の縞模様
となると、カモフラージュどころかかえって目立ってしまいそうです。

ところが、それは人間の目で見るから目立つのであって、ライオンなど
他の哺乳動物から見ると、目立たなくなってしまうのです。

それはなぜか。

実は霊長類(人間を含むサルの仲間)以外の哺乳動物は、色を識別する
能力が低いのです。これは、恐竜が地球上で繁栄していた頃の哺乳類が、
恐竜が寝静まった夜に活動していたことの名残だと言われています。

なので、人間が見たらこんな風に見えるシマウマも…

D30_8526
白と黒の縞模様がハッキリと浮き出て見えます。
(グラントシマウマ マサイマラ国立保護区・ケニア)

ライオンたちが見ると、こんな風に見えるのかもしれません。

D30_8526bk
周囲のブッシュと見分けがつきにくくなります。
(上と同じシマウマの写真を白黒処理したものです)

また、シマウマは群れで暮らしているので、縞模様が集団になると…

Tamazoo_d30_8248c
人間の目で見ると、3頭のシマウマの境い目がわかりますが…

Tamazoo_d30_8248bk
モノトーンで見ると、シマウマの境い目がわかりにくくなります。
(グレービーシマウマ 多摩動物公園・東京都)

つまり個体を識別したり距離感を測りにくくなるため、ライオンなどが
襲おうとしてもターゲットを絞りにくくなる、ということになるのです。

肉食動物に捕食されることから逃れることで生きてきた草食動物たちは、
「捕食されにくくする」という進化を遂げてきました。
シマウマの縞模様も、その進化の結果…と言えるのかもしれませんね。

「進化」という必然性の結果で、この縞模様が生まれてきたとはいえ、
こうした美しい縞模様の動物になったということは、進化というものも
あながち無粋でもないなぁ、と思います。

ZEBRA

|

« ツノ、ありますけど…(3) キリンのツノは何本あるの? | トップページ | ホワイトタイガーのお話 »

どうぶつ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/547433/50334524

この記事へのトラックバック一覧です: シマウマの縞:

« ツノ、ありますけど…(3) キリンのツノは何本あるの? | トップページ | ホワイトタイガーのお話 »