« ホワイトタイガーのお話 | トップページ | 2011年のカレンダー(1月) »

2011年1月19日 (水)

2011年のカレンダー(表紙編)

話題としてはちょっと遅い話で恐縮なのですが…

例年、自分で撮った動物たちの写真を使った卓上カレンダーを作り、
お世話になった方々に差し上げています。

動物カレンダーも今回で4年目。「楽しみにしていました」と喜んで
いただける方がいらっしゃるのも、とても幸せなことです。

昨年のカレンダーは、このブログでも紹介させていただきましたが…
今年のカレンダーも昨年12月に作りました。

この動物カレンダー作りは、その年に出会った動物たちに思い出す
とても良い機会です。動物園で動物の写真を撮られている方たちの
ブログを拝読すると、中には年間100回以上も動物園へ足を運んで
いらっしゃる方もいるので、私などは「まだまだだなぁ」と思いますが、
それでも昨年は北は秋田の大森山動物園から南は長崎バイオパークまで、
さまざまな動物園へ延べ36回足を運びました。

Ohmoriyama_r0013391
それぞれの動物園に、それぞれの魅力がありました。
(秋田市大森山動物園の入口)

特に昨年の夏は猛暑だったので、動物たちにとっても、私にとっても
過酷な状況で撮影をしていたことは、思い出深く残っています。

Kofuyuki_d31_2713
暑い中、よく撮影したもんだねぇ
(アジアゾウ 遊亀公園附属動物園・山梨県甲府市)
※この撮影のとき、甲府市の気温は37℃でした

そうした動物園めぐりで出会った動物たちの数々…

膨大な写真の中から12枚を選ぶために、すべての動物たちの写真に
目を通していると、それぞれの動物園の様子や動物たちの様子などが
思い出されてきて、とても楽しいものです。

もちろん、動物たちは私のことなど微塵にも記憶にないとは思いますが、
私から見れば、動物たちとの出会いひとつひとつが素敵なものだったと
思います。

そんな出会いの中から選んだ13枚の写真(表紙を入れると13枚です)

かなり私自身の思い入れがあるので、必ずしも「素敵な写真」だとは
言えないものですが、そんな動物たちの写真を使ったカレンダーを、
毎月1枚ずつ紹介させていただこうと思います。

…というワケで、今月は1月のカレンダーの紹介です。

と、その前に。

まずは表紙を紹介しなければなりません。

表紙にもちゃんと動物がいるのですから、紹介させていただかないと
その動物にも失礼ですから。

Hyoshi
表紙は、やはりウサギさんです。

今年は卯年…ということは、昨年のかなり早い段階から意識していて、
早くから「カレンダーの表紙と年賀状用のウサギさんの写真を…」と
行く先々でウサギの写真を撮っていました。

ところが、これまでほとんどウサギを撮ったことがないので、どうも
うまくいかない…可愛く撮ってあげることができないのです。

Nasuanimalkd_d31_0612
可愛く撮れないなんて、困るじゃないの!
(ドワーフホト 那須どうぶつ王国・栃木県)

実は、私はイヌやネコやウサギといった、いわゆる「ペット」となる
動物をほとんど撮ったことがありません。イヌ嫌いでもネコ嫌いでも、
ましてやウサギ嫌いでもないのですが…

「人に身近な動物は撮らない主義」なのか?と言う訳でもありません。
だって、家畜となるヤギやヒツジの写真を撮るのは大好きですから。

Morioka_d31_1692
ヤギの写真、けっこう多く撮っているもんね
(ヤギ 盛岡市動物公園)

なぜなのかな、とよく考えてみると…
自分にとって「身近すぎるから」なのかもしれません。

私は物心ついた頃から、ネコと一緒に暮らしてきました。
今は住まいの関係でネコとは一緒に暮らしていませんが、これまでの
人生45年の内で20年余りをネコと共に過ごしてきたものですから…

私にとってネコは「可愛い」という存在以上に兄弟みたいなもので、
ネコを見ても「動物」とは思えないのです。

Nagasakibp_d30_0476
動物とは思えないなんて…でも、兄弟なんだニャ?
(ネコ 長崎バイオパーク)

そんな意識が実はイヌやウサギに対してあって、彼らを見てもやはり
「動物」とは思えず、動物写真として撮ろうとすると、妙な戸惑いを
感じてしまうのです。

Ohmoriyama_d30_6999
オオカミは撮るのにイヌは撮れないなんて…意識のしすぎ?
(シンリンオオカミ 大森山動物園・秋田市)

…そうですね、確かに意識のし過ぎかもしれません。
まだまだ動物写真の修行が足りない、と言えるのかもしれませんね。

Nasuanimalkd_d31_0599
ちゃんと可愛く撮ってよね!
(ポメラニアン 那須どうぶつ王国・栃木県)

昨年は何枚もウサギの写真を撮ったものの、「可愛く撮れない…」と
悩めば悩むほど「ウサギは難しいなぁ」ということになり…

結局、ウサギの写真は数多く撮ったけれど、いまひとつ納得できる
写真は少なく、「ウサギを撮らなくちゃ」と思い始めて最初に撮った
千葉県のマザー牧場のウサギさんの写真を、表紙に使いました。

Nagasakibp_d30_0255
どんな動物でも、ちゃんと撮れるようにならなくちゃね!
(アンゴラウサギ 長崎バイオパーク・長崎県)

卯年のカレンダーを作るにあたり、いきなり表紙の写真選びの段階で
「うーん、もっともっと修行しなくちゃ」と、翌年への思いを新たに
したのでありました。

そんなこんなで始まったカレンダーですが、表紙のお話でずいぶんと
長くなってしまいました。本当は今回、1月のカレンダーのお話を
しようかと思っていたのですが、それは来週にすることにしましょう。

Nasuanimalkd_d31_0608
ネコも、上手に撮れるようになりましょう!
(ペルシャネコ 那須どうぶつ王国・栃木県)

|

« ホワイトタイガーのお話 | トップページ | 2011年のカレンダー(1月) »

どうぶつえん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/547433/50616872

この記事へのトラックバック一覧です: 2011年のカレンダー(表紙編):

« ホワイトタイガーのお話 | トップページ | 2011年のカレンダー(1月) »